タグ:真面目な話し ( 6 ) タグの人気記事

動物愛護センター見学

昨日 チャーリーママさんと チャーリー組の 皆さんと
神奈川動物保護センター見学 に参加させて頂きました。

なかなか 公的な資金が使われにくい この施設。
センターの 職員の 皆さん と ボランティアの 皆さんが
協力して 命を 救う為の 活動をされていました。

「もういらなくなったから」と 自分の家族であるペットの命を
捨てに来る人

どんな命も 大事にしたい と 一生懸命 活動している人

全く逆の考えの人たちが います

c0188294_7245529.jpg


動物たちは 飼育する人を選べません

もし自分が 動物だったら こんな人に 飼われたいという 飼い主になりたいと思います
[PR]
by tentocarpdaisuki | 2010-03-13 07:30 | 真面目な話し

まずは...

昨日 川崎に行ってきました

空母さんと 一緒に 映画を観ました
観た映画は 飯田基晴 監督の 「犬と猫と人間と」という映画です。
今の日本で 毎年大量に 飼い犬たちが 捨てられ 「安楽死」という名で
もがき苦しんでいく 無力な動物たちの 現実を写したドキュメンタリー
映画です

空母さんのブログに 会場の写真などがあります

元々 動物にあまり興味がなかった 飯田監督が 人に依頼をされ
この映画を 撮ることになったということで 監督自身が 調べれば調べる程
酷い現状を知っていくという ドキュメント映画の為 初めての方でも
監督と一緒に どんどんいろんなことを知っていけるような 内容になっていました

でも とても残酷な映像もあります。

でも それは 全て人間の 責任です。
私たち 人間のしでかしたこと だと思います。
酷いことを する人たちが いるもんだと 他人事と思わず
私たちが 酷いことをしたんだと 反省するべきなのかと思います。

とはいえ 年間30万頭 の犬たちが 殺処分 されている現状を
すべてなくす! というのは 理想ではなく 空想だ。
という言葉が 映画の中にありました。

30万頭の 犬たち( 猫はもっともっと多いようです)を全て助けたい。
でもそれでは 空想で終わってしまい 結局何もできない。
立ち向かう現実が 大きすぎて 何もできない


では 私たちに何ができるか?

映画上映の後に 監督の飯田基晴さんと 今回「犬といのち」という
本を出版され 保護活動などをされている 渡辺眞子さんの
トークショーが ありました。

まず私たちが できることは
30万頭を 助けることより すぐそばにいる 1頭を助けること。

*犬を 飼おうとしている人に 一時預かりさんのところで
家族を 待っている 犬たちがたくさんいることを 知ってもらう。

*犬を捨てようとしている人に 最後まで飼い続けるように話しをする。

*悪質なペットショップを見つけたら 警察に通報する

他にも 保護活動に 参加したりするのはもちろんですが

やはり 私たちが確実に 現実的に 今やるべきことは
*今一緒に暮らしている 犬が寿命を全うするその日まで
責任を持って 一緒に暮らす


私は 何もできない

と 嘆かず できることを 探すことから始めましょうと
いう お話しでした。

人それぞれ 生活環境 生活状況も 違います。
他の人が 立派なことをしているが 私は同じようなことは
できないと 嘆くのではなく
こんなことが おきているのよ....と 人に話すことから始めましょう。
まずは知ることから始めましょう

c0188294_1126312.jpg


今回の 上映会行ってみて本当に良かったです。
渋谷でも 上映されているようなので 良かったら
みなさん 行ってみて下さい。


今回 渡辺眞子さんの 出版記念で 「犬といのち」の本が
50冊 限定で 販売されていました。
昨年 ONE! ひとつきりの命たち の イベントで
サイン会などはしておらず スタッフとして 働いていた
渡辺さんに 握手して頂いて 泣いてしまい
「あなたなんで泣いているの?」 と聞かれ 「わかりません」
と言って帰ってきてしまった私。
今回 渡辺さんの 本にサインをしていただこうと 並んでいたら
「あら? あなた前にも会ったわね」と 覚えて頂いていたことに感激しました♪
(まあ, かなりの不審者で 良い印象ではないと思うんですが...
この際それは置いておいて)
あまりの感激っぷりに 舞い上がり 「はい!以前にも握手していただきました!」
とうきうきと 場違いな素っ頓狂な 喜びの声を 上げてしまいました
私の 次にサインをしてもらった空母さんも 「私姉です♪」と
言っていたみたいです。
ゆでだこ姉妹 川崎にも出没してしまいました
反省です
[PR]
by tentocarpdaisuki | 2010-02-22 11:42 | 真面目な話し

FURUSATO

昨日の土曜日 友達に
「一緒に行くハズだった友達が行けなくなった」と 急遽誘われ
ゆず のコンサートに 行きました。

実は 今まで スキでもなく 嫌いでもなく ただ何となく 聞いていた
ゆず でしたが 何だか 透明感ある歌声に 包まれて 自分の心も
キレイになっていくような 感じでした。

みなさん ゆず コンサート お勧めします♪

そして 今日 日曜日は 「ちばわん」さんの イベントに 行ってきました

c0188294_17152297.jpg
c0188294_1715367.jpg

たくさんの 一時預かり中の ワンコさん達も 参加していました

どの仔も みんな可愛くて 良い仔ばかりでした
c0188294_17165583.jpg
c0188294_1717329.jpg

↑ このむぎちゃんは 10歳で とってもおとなしく おりこうさんでした。
今まで ずーーーーっと つながれて ほとんどお散歩を したことがなく
「これからが この仔の 青春よ♪」と ボランティアの方が おっしゃっていました。

連れて帰りたい! と 思いました。
一緒に てんと たくさんお出かけしよう! と思いました。

でも もう10歳です。
てんと 同じペースでは 無理をさせてしまうことに なります。

てん 1匹を 幸せにしている自信も まだない私たちには
2匹一緒に 幸せにしてあげられる自信がないし....

もうちょっと 犬のことを 勉強してから....とか 言い訳ですね。

でも 衝動で飼ってはいけない。

もっともっと 犬のこと勉強して いつか保護犬を 引き取れるような
飼い主を目指す!! と強く 決心しました。

普段は ケチケチの てん家ですが こういった イベントでは
ケチりたくありません。
もっともっと お力になれるように さらに 普段の生活
ケチケチいきますよ~♪

そんな 頼りない飼い主の心を知ってか知らずか
やりたい放題の 我が家の てんです。
c0188294_17315824.jpg
c0188294_1732772.jpg
c0188294_17321563.jpg
c0188294_17322277.jpg
c0188294_17323333.jpg
c0188294_17324484.jpg
c0188294_17325281.jpg

てんが もう少し おりこうさんなら てん父と 母が 自信満々に
なれるかもしれんよ
[PR]
by tentocarpdaisuki | 2010-01-17 17:36 | お出かけ

署名活動

まず最初に
私が今回記事に させて頂いた件は HP管理の方に お断りをさせて頂く方法が
わからなかったため 勝手に記事にさせて頂いております。 申し訳ありません
管理者の方が ご覧になって 不愉快に思われるようでしたら 改めてご挨拶させていただきます。


ペット里親会通信 というHPで 茨城の悪徳ブリーダー の認可取り消しを訴える為の
署名活動を されているボランティアの方達の 活動を 知りました

微力ながら 私も 何か役に立てることはないかと 思い まず署名用紙を 印刷して
近所の方達に 署名を してくれるように お願いしております。

茨城悪徳ブリーダーの実体
餌を毎日与えない
水を与えない
糞尿をかたづけない
狭いゲージに閉じこめたまま
運動をさせない
病気の治療をしない
ヒートの度に産ませる
高齢犬にも産ませる
使えなくなったら捨てる(保健所に持ち込む)

ここからはこの件を 日記にされていた choco teriaさんの日記の転記です

腹犬、腹猫などと呼ばれる犬猫たちは、餌どころか水も満足に与えられず、不衛生で身動きのできないような狭いケージに閉じ込められ、子供を産まされ続けています

栄養失調の親犬たちは無理な出産を何度も強いられ、アゴの骨が溶けてしまったり、歯が抜け落ちてしまったり、不衛生な環境で感染症や皮膚病を患い、直視できないような無残な姿になります

このコたちは、人の愛情も知らず、おなか一杯ご飯を食べたこともなく、空を見たことや風の感触、土の匂いも知らず、ただ苦痛だけを味わい、繁殖力が落ちれば容赦なく保健所に持ち込まれ、その短い生涯を終えます
信じがたいことですが、こういう業者の尻拭いを税金を使って行う自治体も少なくはないのです

そして、このような劣悪な繁殖所が全国に無数にあり、市場に大量に犬猫を供給しています
既に供給は需要を大幅に上回っており、犬猫の価格は暴落しているにも関わらず、命あるものの大量生産、大量廃棄の構図は変わっていません

今回の告発でブリーダーから免許をはく奪することができれば、それは前例となり、その動きは全国に広まって行き、さらなる動物愛護法改正への一歩となるかもしれません

ご賛同頂ける方は、こちらで署名を募っていますので、よろしくお願い致します
(〆切 11/15、11月中旬に告訴予定とのこと)


是非 皆さんこの悪徳ブリーダーに関する記事を 読んで下さい
ひどいことばかりで 一度に読むことは できないかもしれません

c0188294_23383399.jpg


いつか全ての 犬や 猫が幸せになる日が来ると良いなと 思います

もしペットショップから迎えた自分の愛犬のおかあさんがこんな目に
あっているとしたら...と考えると 恐いです。
c0188294_23432513.jpg

[PR]
by tentocarpdaisuki | 2009-10-22 23:45 | 真面目な話し

ONE! ひとつきりの命たち に行きました♪

チャーリーママさんの ブログで紹介されてました イベント
「 ONE! ひとつきりの命たち 」 に行って来ました♪

竹橋 の パレスサイドビル で 行われていたため 家から近いという
こともあり 張り切って 開始早々到着して

早速 本を 4冊買いました
「 それでも人を愛する犬 」 田辺 アンニイ さん
「 君も一緒に生きよう 」 森 絵都 さん
「 犬のことば辞典 」 きたやまようこ さん
「 どうして? 犬を愛する全ての人へ 」 ジム ウィルス さん
c0188294_224831100.jpg


それと 手作りの ワンコグッズを 少々買いました
c0188294_22511188.jpg


写真展では 処分されようとしてる 犬たちの切ない表情と 処分場の写真
そして ホントに犬たちが そう言ってるかのような 切ないことばたちで
涙が止まりませんでした

写真展の 最後には 保護されて 里親の家族と幸せそうに 笑う犬の笑顔が
ありました

一度家に帰って てんと寝ころびながら 田辺さんの 本を読みました

私は この子達の為に何を してあげらるのですか?
何をすれば 良いのですか?

ということを 教えてもらえるんじゃないかと 思い
田辺アンニイさんと 森絵都さんの トークショーも 参加しました
きたやまようこさんも参加され
司会は 「捨て犬を救う街」の 渡辺眞子 さんの豪華メンバーでした

田辺アンニイさんは 家の周りの 犬たちを 守りたくてコツコツ活動を
始められたようです
森さんは ご自分の才能を 生かして 田辺さん達のような 活動を
されてる方々の ことをまとめた本を 書いてらっしゃる
きたやまさんも いろんな人に会うごとに
「あなたがもし今後 犬を飼いたいと思うことがあれば 里親になってね」
と お話しをされているようです

皆さん まずは 自分の身の回りから コツコツ活動しているうちに
だんだんと 賛同する人と出会い その結果 たくさんの犬や猫たちを
救えることに なったんですよね

司会の 渡辺さんは
「 皆さん自分は 何が出来るのか と言うことを考えてください」と
言いました

何をしたら良いのかは 人に言われるのでなく
自分で考えるべきなんだな と 改めて感じました
私も 自分の 身の丈に合った ことから コツコツ何か 始めたいと
メラメラ燃えて 帰ってきました

購入した本に 田辺さんと きたやまさんに サインして頂き
渡辺さんに 握手して頂きました
渡辺さんに 「握手してください」と言って 握手して頂いたら
涙が出てきて 「あなたなんで泣いているの?」と聞かれて
「わかりません」と答えて 帰ってきました
きっと 変な奴だと思われたでしょう.....ま、いっか
c0188294_23234175.jpg


今日 行って良かった♪
[PR]
by tentocarpdaisuki | 2009-07-03 23:29 | 真面目な話し

真面目~な話し----感想文----

前々から チャーリーママさんが お勧めされている
たくさんの 本を読みたいと 思っていました。
近所の商店街の 本屋に行ってみましたが 1冊もありませんでした
店舗の中に 検索用の 端末があるような 大きい本屋にも行きましたが
1冊もありませんでした。
(ネットで買うと早いと思いますが...)
そこで ここに住んで初めて 近所の区営の図書館に行きました
図書館にも 本検索用の 端末があり, メモしていった全ての 本を検索すると
1冊だけありました。
「犬と話しをつけるには」 多和田 悟
この1冊を借りて 一気に読みました。

私が行った図書館には 無かったんですが 同じ区内の 他の図書館にある
本を 予約して 先日届き 読んだ本が
「捨て犬を救う街」渡辺 真子
これは 愛犬を亡くされた 渡辺さんが 動物処分施設等を取材され
世界でおきている現状を まとめられた本です。

今 犬や猫たちが どんな状況に あるか。

てんは ペットショップで お金の代わりに もらった仔です。
(何となく 「買った」 と言いたくない)
てんと 一緒に暮らす前に ちょっとだけ 捨て犬を育てる 方法を 検索しました。
インターネットに「保健所」と 検索ワードを 入れました。
それでは ほとんど情報は 得られず 勝手に 現代社会に 捨て犬は ほとんど
いないのかな? と思ってしまい ペットショップに行きました

てんと 暮らし始めて チャーリーママさんや いろいろな お散歩トレーニングの
方々と 交流させていただくようになって ブログなどで 「里親」を 待っている 犬や猫が
たくさんたくさん いることが わかりました。
毎日 殺されている犬や猫が たくさんたくさんいることも...

てんと 毎日一緒に居ればいるほど 可愛くなってきます
この仔を 自ら 処分施設に連れて行くなんて 考えられません
そんなことを する人がいることが 信じられない
でも 実際は たくさんいるようです

c0188294_12404227.jpg
c0188294_12405269.jpg


最初は 犬と一緒に暮らしたい=ペットショップ だった自分を 恥じましたが
この状況を 知ることが出来たのは てんと一緒に 暮らすように なったおかげ
てんがいなかったら 今の状況を 知らないままだったかもしれない

てんが 教えてくれました

気持ち的には 全ての捨て犬達を 引き取りたい
でも そんなこと出来るわけがないし そんなことしても その仔達が 幸せに
はなれない....
何が出来るんだろう...と 毎日毎日もんもんと考えてる今日この頃....
まずできることは てんに 毎日 幸せに暮らしてもらうこと
私たちが てんを 選んで家族に なってもらったんだから
てんが 幸せだったと 思いながら 最期を迎える その日まで
努力を するのみ
c0188294_12575246.jpg

c0188294_12583097.jpg


....とか何とか言って この本を読んでいたら
涙が止まらなくなり 私に 寄り添って寝ている てんを ヒシっと抱きしめたら
かなりウザかったらしく 「う"~~っ!!!!」と うなられ
二の腕に噛みつかれ怪我をし 洋服も破れて 「む~~っ!」としている私です...
ダメですねえ....
いつかてんにとっても 無理の無いような形で 里親に なれたらいいなあ
その日まで ワンコについて もっともっと勉強せねば!!

世の中の ワンコみんなが 幸せを 実感できる日が きますように

感想文と言いながら 本に関することを ほとんど書かない 日記でスミマセン
皆さんが 読まれる時に あまり 先入観を持って読まれませんように。
[PR]
by tentocarpdaisuki | 2009-06-04 13:14 | 真面目な話し


2008.9.20 生まれの ジャック ラッセル テリア の てんとの生活の日記です


by tentocarpdaisuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
てん
カープ
お出かけ
記念日
そらちゃん
真面目な話し
体の心配
父と母のこと
お散歩トレーニング
未分類

タグ

(27)
(19)
(19)
(13)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月

お気に入りブログ

晴空日記~黒柴空との日々~
飯太雷門的日常

マイリンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧